FV.png
MV_雲.png

OUR MISSION

私たちは365日、
ほうれん草を安定生産し、
​消費者様にお届けします。

ロゴ(橙)_edited.png

SCROLL

見出し(小).png

​事業紹介

きのくに農業村とは?

ほうれん草(2列).jpg
ほうれん草を苗から育て、和歌山県から全国に出荷

きのくに農業村では、和歌山県内トップクラスの生産量で、365日安定生産・安定供給が可能なほうれん草栽培を行っております。

 

水耕栽培を用い、1日3000〜4000束のほうれん草を全国に向けて出荷しております。

 

生で食べられるほど、ほうれん草独特の「えぐみ」が少ないので、ほうれん草が苦手なお子様も美味しく食べられます。

 

また、ちぎってサラダにするなど今までのほうれん草にはない食べ方ができるので料理の幅がグッと広がるのが特徴です。

top_コンサル画像.jpg
水耕栽培事業の独自ノウハウをコンサルティング

きのくに農業村は、新しく水耕栽培を始める事業者様や、水耕栽培事業を営んいる事業者様へ、コンサルティング事業も行っております。

 

コンサルティング内容は、赤字続きだった当事業を黒字転化させた、弊社独自のノウハウをわかりやすくお伝えしてます。

 

少しでも水耕栽培事業に取り組んでおられる事業者様のお役に立ちたい、同じ苦しみを味わってほしくないと思い、弊社の経験・知識をお伝えさせていただいております。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

wakayama.png

きのくに農業村の
​3つの強みをご紹介

storong_image1.jpg
タイトルバー.png
和歌山県最大規模の生産量を実現
弊社の強み①:生産量が段違い!
夏場でも1日3,000〜4,000束を安定供給

品薄になりがちな夏場でも、1日の出荷量は365日変わりません。

 

弊社では安定生産をするため、苗の栽培施設を自社保有し、例え苗が品薄になったとしても生産できる環境を作っております。

 

さらに、広大なビニールハウスでほうれん草を生産しているため、365日いつでも大量のほうれん草を生産・出荷することが可能となっております。

storong_image2.jpg
タイトルバー.png
弊社の強み②:NO欠品システムを保有
他社が持っていない秘密兵器を導入
全国でも指折りの「育苗施設」で安定生産を実現

私たちが安定供給可能とする秘密兵器が「育苗施設(苗を自社栽培する施設)」です!

実は苗を栽培する施設を保有している水耕栽培施設は少なく、定植するケースがほとんどです。しかし、それでは苗自体が品薄状態になってしまうと生産量は減少してしまいます。

 

そのため弊社では、育苗施設を完全保有し「どんな時でも安定生産・安定供給が可能な仕組み」を整えております。

storong_image3.jpg
タイトルバー.png
弊社の強み③:大手様の厳しい安全基準をクリア
高い安全基準を完全に明確化!
確かな安全性で「大手様も欲しがるほうれん草」に

生産者である私たちからすると、大手様との直接取引は多数の検査項目など全てクリアしなければならず、ハードルが高いのが現状です。

 

しかし、弊社では安全基準を明確に資料化し、安全基準に厳しい大手様も納得する生産環境の情報をお届けし、より信用していただける「無農薬・無添加のほうれん草」をご提供します。

ほうれん草サラダ.jpg
ほうれん草(1列).jpg
オレンジバー.png
小さなお子様にも食べやすく!
手軽な「サラダほうれん草」で人気沸騰中!
洗ってちぎるだけで完成!クックパッドでも多くのメニューが紹介

収穫前3日間は水のみで栽培し、ほうれん草独特の「えぐみ・苦味」を消し、食べやすいことが特徴です。

 

そのため、普通のほうれん草ではできなかった「生で食べる」ということが可能です。

洗ってちぎれば、そのままサラダに使えるので汎用性が高く、最近ではクックパッドのレシピなどにも紹介されるなど、人気が高ままっております。

レシピ.jpg
クックパッドレシピバナー①.jpg

クックパッドでご紹介された

​サラダほうれん草のレシピ①

クックパッドレシピバナー②.jpg

クックパッドでご紹介された

​サラダほうれん草のレシピ②

クックパッドレシピバナー③.jpg

クックパッドでご紹介された

​サラダほうれん草のレシピ③

取引実績.jpg
名称未設定-2.png

弊社の取引実績

お陰様でたくさんのご愛顧をいただいております
安心安全を大切にする大手様も納得する実績が多数

きのくに農業村は、安心安全を大切にする大手様ともお取引させていただいております。

安心安全なほうれん草を生産するため、

弊社独自の管理施設・厳しい管理体制を持っております。

 

また「JGAP」への申請も予定しており、さらに高い安全性を目指しております。

 

大手様でもご納得いただける安心・安全なほうれん草を、

365日いつでも安定供給しております。

取引先.jpg
情報.jpg
名称未設定-2.png

おすすめ情報

もっと弊社のことを知ってほしい
​きのくに農業村から発信する重要情報
 
情報1.jpg
オススメ情報
水耕栽培のノウハウを公開!
赤字経営から黒字転化まで3年間。復活の道のりをご紹介。

水耕栽培事業は、今まで経営に必要なノウハウが揃っておりませんでした。弊社は3年間かけて赤字経営を黒字化させ、水耕栽培事業を安定化させることができました。

 

皆様のお役に立ちたいと思い、黒字化へのノウハウをお伝えさせていただいております。

情報2.jpg
商品紹介動画
​弊社の商品PR動画が完成
「生で食べられるほうれん草」が作られる過程が動画に!

「生で食べられるほうれん草」が作られる過程が動画になりました。

「なぜほうれん草なのに、生で食べられるのか?」「どうやったら苦味がなくなるのか?」などを動画で解説しております。

弊社独自の栽培方法をご覧ください!

きのくに農業村_中村農水省副大臣①_edited.jpg
注目情報
中村農水省副大臣との対談
水耕栽培事業の未来について中村副大臣と対談しました。

​日本の農業のこれからを考えていくために、水耕栽培事業について中村副大臣とお話させていただきました。

 

​水耕栽培事業は、土を使わず安定的に生産できるため、今後の食糧不足問題に対応できる未来ある事業です。

そんな水耕栽培事業を今後もっと広げていくための有意義なお話をさせていただきました!

JGAP.jpg
名称未設定-2.png

安心を保証

​〜安心・安全をお届けするために〜
農林水産省推奨認定「JGAP指導員資格」を取得
JGAP会員証.jpg
より安心してお取引していただくために。

『JGAP』とは、農林水産省が推奨している農業生産工程管理手法の認定であり、農業が担うべき「食品安全・環境保全・労働安全の確保」を目的とした農業のISOとも言われている認証制度です。

弊社代表の山本は、消費者様・農産物バイヤー様に、より安心してご購入・お取引していただきたいと考え、JGF(一般社団法人日本GAP協会)の会員となり、農場の『JGAP』認証の取得を支援する『JGAP指導員』の資格を取得、さらに弊社の農場の安全性証明する『JGAP』認証を取得しております。

さらに、今後弊社では農産物をアジアへ輸出することも見据え、『ASIAGAP』指導員の資格を2022年5月取得、『ASIAGAP』の施設認証を同年8月に取得致しました。

ASIA-GAP指導員認定許可証.jpg
AGAP認証.jpg
ロゴ(橙)_edited.png
会社情報.jpg
タイトルバー.png
法人概要・アクセス
農事組合法人きのくに農業村

〒648-0017

和歌山県橋本市隅田町中島1041番地

TEL:0736-26-8745

FAX:0736-26-8746

最寄りIC:京奈和高速道路 橋本東ICから5分

お気軽にお問い合わせください!
【お問い合わせフォーム】

送信ありがとうございました。